×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Back >>
◇セクシィーショイコメモ◇
[ 20003/03/25 ] ラグナロクの公認のキャンペーンガール「ラグナロ娘」が 関東のネットカフェへ
 訪問時間未定ってどうかと思いますが。
[ 20003/03/20 ] 「リネージュ」パート1最後のエピソード12「アデン」を4月10日公開
 春休みに間に合いませんでしたね。
[ 20003/03/19 ] 「天上碑」有料会員が10,000人突破
ゲームマスターは今日も多忙 〜天上碑
 目標は2万人だそうです。随分若いプロヂューサーさんですね。「グレーは白」という考えには同意です。
[ 20003/03/22 ] 大規模オンラインゲーム「ラグナロクオンライン」にクラッキング
[ 20003/03/13 ]ガンホーCOO森下一喜氏インタビュー
「ラグナロクオンライン」は今後どうなるのか?

各種トラブルの解決プラン編
バージョンアップ&プロモーションプラン編
また詳しく突っ込んでいきたいと思います。
[ 20003/03/06 ]「ラグナロクオンライン」,タイ国でも大ヒット中
有料となる正式サービスでも,開始二日間で15万人ものユーザーが登録
いつかどこかでラグナロクオンラインの今後天上碑、βテスト終了
2003/03/26  いつかどこかで

 「板 尾 本 部 長 【ネトゲ編】」にもありますように、ゲーム板やネットゲーム板は、付き合っている異性(というか肉体関係の有る異性ですが)の有無や、仕事をしているかどうかと言う、ごくごく当たり前の事、できて当然の事を自慢して優越感に浸れる数少ない板といえます。リアルの生活で渇いて癒されない為に、ではせめてネットの世界ではと潜ったものの、やっぱりネットの世界でも上には立てず、底辺を彷徨う者のある意味負け惜しみではないかと考えます。

 単純に、積み重ねたやつがほぼ勝利できる事のできるゲームの多いMMORPG。ゲームに時間を注ぎ込んだやつが勝てるようになっている為、自由の時間が多いとされる、無職やヒキコモリと呼ばれる物が廃人とされるわけですが、果たしてそうなのでしょうか?今日は少しそこらへんを見ていこうと思います。有名なので他の所で既出かもしれませんが、まずは下のリンク先をご覧下さい。ファンタシースターオンライン、別名PSOにおけるお話です。

□この場所で会いましょう□

 確かに、ヒキコモリやら無職やらとさげずむのは簡単ですが、違った側面から見れば、上のリンク先のお話のように、病気で入退院を繰り返し、外を自由に歩く事すらままならない彼女が、唯一楽しそうにしていたゲーム、それがPSOだったわけです。確かに彼女は無職でヒキコモリでしょう。ですが、それは彼女が本当に望んだ生活なのでしょうか?まぁ極端な例ではありますが、そういう方もいる可能性は否定できません。現にしょいこは嘗てのネットのオフ会で、車椅子に乗った方や耳の不自由な方とお会いした事があります。オフの参加者のほとんどが、オフでその事実を知ったという事もまた事実です。ネット上では足が不自由だろうが、ホカのヒトと何ら変わらないわけですから、その事を言わなくても、なんら不自由はありません。

 しょいこの好きなモノの中で、同じく有名なのですが、さよなら、青い鳥(HTML版はこちら)というのがあるのですが、これにもあるように、今、自分がおかれているその状況は、ヒトのせい等ではなく、多くの場合は自らの積み重ねてきた結果、つまり、自分がそう望んでいたからこそ、ソコにいるわけです。ヒキコモリやら無職やらとさげずむのも良いのですが、そのヒトは自らが覚悟してそうなっている(そうなって)わけですから、別に無職だからとあーだこうだ言うのは間違ってるわけですし、皆さん分かっているんですが、どうしてもひとこと言わないと収まりがつかないのでしょう。とくに社会人の方は

 本当は多くの場合は、楽しみというか、最近は癒しを求めてネットゲームをしているのに、自分のやっているネットゲームに長時間滞在し、なおかつ、自分ができない時間に自由に活動する人々への嫉妬されるのも、理解はできます。積み重ねる事が重要なゲームにおいては、そのフラストレーションも大きい事でしょう。

 現実の世界では、同期入社(や同年齢)のヒトとの収入格差に「あー漏れはイチローと同じ歳なのに(´・ω・`)」で挫け、上に上がれば上がったで、上や下から突きあげられ、家に帰っても部屋を暖めてくれるヒトも無く、カップラーメンをすすってるいると、その忙しさの中実は今日が自分の誕生日だった事に気がつき携帯を見ても、誰からの祝福も無い事を悲しみながら、明日が早いから風呂にはいって寝る日々の中、せめてネットゲーでは素敵快適ライフを送りたいのに、毎日繋いでいる人間との差は開くばかり。これではネットも現実も、何ら変わりがありません。決して私の事ではありません。

 ヒトは、常に求められる事を渇望します。上の話は、簡単に言えば、「自分の居場所がある」かどうかなわけです。随分昔にも書きましたが、ほとんどのMMORPGはやはり現実と同じく、狩りというかお金を生み出すお仕事が中心でして、Lvが低い、つまり狩りの効率が悪いという事は、レベルを上げる楽しみ以上に、ストレスにしかなりません。自分の周りの人間の効率が良くなっていく中、おいてきぼりをくらう、つまり、自分の居場所が無くなっていくという事をヒトは恐れます。このタナカでもそうでしたが、寝マクロとは、置いていく・置いていかれるという事への恐怖と嫉妬と羨望から来る、永遠に無くなる事の無いであろう問題と思います。現実でもそうなのですが、求められない事への恐怖が焦りを生み、それに駆られてゲームをしている方も多いのではないかと思います。本人が気付いているかどうかは存じませんが。

 そんな中、しょいこは無駄に無駄を重ねて、1年以上もこのゲームをしているといえます。効率というものを度外視しているせいか、長くやっている割にはレベルは低いですが、Lv250に到達しているヒトよりも、間違いなく廃人といえましょう。1日、いや、1週間にやる時間が1時間以下としてもです。このゲームの初期から、「最強よりも、最高」を目指してきたような気はしますし、リネージュや天上碑と違い、PKや攻城戦のメリットが何もない以上、最強を目指す意味合いの薄いこのゲームに於いて、そのような楽しみ方にシフトした方も、今は多いと思います。2003導入によるシャイロンのExp1.5倍や、最強クラスの装備が入手しやすくなった今の現状を察するに、運営側もそういう方向なのではないかと思います。まぁ予想通り、出ないと文句タラタラ、出ても文句タラタラ。とは言うものの、嘗てのカンハメ狩り批判を始めとした、力のあるものがソレ相応の物を狩る事への批判は減ったような気はしますが。

 そういうわけで、しょいこはヒキコモリや無職さんを少し応援はしてますが、軽蔑はしてません。多分。

2003/03/14  ラグナロクオンラインの今後

 さて今日は、メモにも書きましたが、ガンホー森氏のインタビューを紐解きながら、「勝ち組み」ラグナロック・オンラインの今と今後、そして韓国産MMORPGについて少し考察していきましょう。

 ちなみにこの手の記事はいつもは、「メモで軽く書いて、後でつっこむ」というスパンを取ってきましたが、ガマニアの社長の事について2ちゃんの本スレでえらい事になったのでお蔵入りさせました。また機会を見てあげていこうとは思いますが。

 まずはGameWatchでのインタビューの趣旨を簡単にまとめて見ましょう。

▼ 各種トラブル解決編
●問題定義とか
・韓国は有料化後はユーザー数が1/10以下になってしまったが、 日本は1月末時点で13万にまで増えた。
・オンラインゲームにおけるユーザーのマナーに対する考え方が不十分である
・思ったよりもファシリティコストがかかる
・トールとオーディーンサーバーの増設
・「Episode 2」導入延期
・ギルドやパーティーがまったくうまく機能していない
・ウルティマと違ってBOTやチートがなくなら無い事について
・「おもてなし」とは?

●その解決策
・他のオンラインゲームを展開しているメーカー数社とコンペをしている。現状は各社ともバラバラ。
・日本は法整備が今いちだが、警視庁とは相談はしているが、警視庁にそういう人材がすくない模様
・ケイオスやロキなどの人の多い鯖から移転者を新鯖に移したいが、現実的には相場が大崩になるので無理。
・ペット導入が遅れたのはクオリティが低かったので再開発をさせた。
・ギルド問題については日本だけでなく韓国や台湾でもそうなのでよくわからない。目処も立ってない。
・チートはいたちごっこなんで無理。グラビディには一応言ってるが、開発が遅いので期待はできない。
・GMとは、ユーザーに楽しみも与える存在でもある。また、GMは誰が見てもGM特別がつかないとダメ。
▼ バージョンうぷ&プロモーション編
●問題定義とか
・日本オリジナルのひな壇の設置
・日本オリジナルのシナリイベントと、国(アマツ国)の導入。モンスターなど全て日本独自による韓国・台湾との差別化
・ギャンブルの街の導入
・顧客満足度のアップとサポート体制の充実
・ネットカフェを使ったオフラインイベントの更なる開催
同人イベントだけでなく主催イベントもする

 インタビューをざっとみて頂くと分かりますが、業界用語やテメー言葉連発のお陰で、非常に分かりにくいとは思うので、一応箇条書きにしてみました。ファシリティコストというのは、学生の方などは聞き慣れないとは思いますが、簡単にいえば、土地や建物の保有コスト(施設運営費)の事をいいます。MMORPGで言えば、サーバーに使うパソコンとかですね。

 ガンホーと言う会社の本音と建前は、以前にも紹介したように、ゲームの質の向上で客を獲得するのではなく、ゲームのキャラクター性を重視している事でよくおわかりになられると思います。グラビディがダメなのはガンホーは分かっているのも間違いないと思います。

 各種トラブル編の質疑応答を見ればそこの所は一目瞭然でして、ROの現役ユーザーの、なんでお前らは簡単にやれる事をやってくれないんですか?という悲痛の叫びが多いのも理解はできます。各種トラブルについての質疑応答は、あまりにも酷い気もしますし、12月に話していた事も解決して無い上に、言ってる事は12月と同じです。3ヶ月経っても、何の進歩も無いどころか、以下のような問題も起きているわけです。サポート体制が糞だとユーザーは苦労するようです。ちなみにこの事件は、ほぼ、全ユーザーが犠牲になったうえに、補填は何も無しです。

 しかしこの会社は、ユーザーの釣り方は上手いと言えます。トラブル等が糞でどうしようもないのなら、他でアメをあげればいいわけで、オフラインイベント、果ては会社主催のイベントもやるとか言っています。

 また、ラグナロクが大きく成功した理由は、ラグナロクをしているユーザー達が、ホームページ等のメディアを通じ、そのゲームの面白さを伝えるという事に見事に成功した、その相乗効果の生み出した人気ゲームだと言えます。ゲームをしているユーザーにより、ゲームの楽しさを伝える事が上手く伝わり、そこからラグナロクを知らないユーザーが楽しそうだと興味を持って更に輪が広がるという、良い意味でのスパイラルが完全に出来上がっています。ここが他のマイナーゲームとの大きな差でしょう。

 確かに、足が遅い(一応救済措置はあるが一時的)、実装されていない要素が満載、レベルを目的にすると狩ゲーになる、生産系はほぼ皆無。韓国産のMMORPGに標準装備のこの負の遺産を受け継ぎながらも、日本で勝ち組みと言われるMMORPGのFFオンラインとラグナロクに共通する事やモノは、いったい何なのでしょうか?次回は少しここら編をインタビューを掘り下げて見ていきたいと思います。MMORPG運営会社は必見の記事になるかもしれません。嘘ですごめんなさい。

2003/03/13  天上碑、βテスト終了

 さやさやたんが、何を今更な感じもしますがUDの記事を書くぐらいですので、ROサイトも随分ネタが枯渇してきたんですねぇ、と、本サイトとのかけもちに四苦八苦してる癖に他人事なしょいこです。皆様お元気でしょうか。一方、エターナルカオス界のしょいこと双璧を成すカリスマプレーヤーであるじげん氏も、なんか地味にサイトを更新しているようで、春の予感がしてきました。相変わらず文のセンスがいかしています。

●ベータテスト期間について
3月13日(木)18:00まではテスト期間として、
全てのテスター様に無料でお楽しみいただけます。

正式サービス開始に伴い、
3月13日(木)18:00から3月14日(金)18:00までサーバをダウンさせます。

 昨年10月にクローズβ、11月あたりにオープンβテストをしていた天上碑が、今日を持ってついにβテストが終了いたしました。RO終了後の難民収容所として、他のβテストMMORPGを差し置いてなかなかの盛り上がりを見せたこのゲームですが、1年はβテストできるだろうという、随分勝手な考えを持った厨房方が多く、2月上旬の課金決定アナウンスにより大半のユーザーのモチベーションが著しく低下し、一気に終焉を迎える事になりました。

 1年はできると勝手に脳内で想像してゲームをしていた厨房達は、自らを負け組みと思いたくない為に、UO・FF・リネージュという次回作の出るゲーム以外のネトゲ板に燃料を投下するという行為に出た事は、記憶に新しい所でしょう。特に被害の大きかったのは、月額が安価なMMORPGであるガディウスとタナカスレでした。どちらも過去にあげた韓国のMMORPGの売り方を地でいっている将来性の無さから、燃料投下しやすかったのだと思われます。弱い立場の相手を叩くのは、まさに鉄則でした。

 さて、中国版のリネージュと言われているこの天上碑。どういうゲームかは各MMORPGの良いところ悪いところのLineageと天上碑の所を参考にして頂くのが早いと思います。しょいこはこの天上碑もやっていたわけですが、この天上碑は良くも悪くもLineageとまったく同じなのが非常に泣けてくる所です。

 生産要素が皆無、他のMMORPGの中でも軽め、金の価値が高い、チャットシステムが豊富で使いやすいという以上の利点。そして、戦闘の底が浅い(アイテムで体力を回復させながらただ殴るだけ)、キャラの見た目があまり変わらない、足が遅い(一応救済措置はあるが一時的)、実装されていない要素が満載、レベルを目的にすると狩ゲーになる、生産系皆無、…などの以上の欠点が両ゲームに共通している点です。よくみますと、韓国産のMMORPGのファクター満載です。タナカやROと何ら変わりはありません。まぁLineageと比べ、サポートは電話での対応は一切受け付けませんが、それ以外の対応はなかなか早く、攻城戦がややこじんまりして、死亡時のリスクが抑えられたゲームという感じです(レベルダウンが無いからですが)。

●ご利用料金
30日間チケット 1,480円(税込)
90日間チケット 3,480円(税込)
180日間チケット 4,980円(税込)
※新規アカウント登録後に10日間の無料プレイ期間を設定

●お支払い方法
・クレジットカード(VISA、MASTER)
・ WebMoney
・ @QUO
・ CCHECK
・ BIGLOBEプロバイダー決済
・ @niftyプロバイダー決済
・ goo ポータル決済

 さてこのゲームの月額料金は上記のように、他のMMORPGと何ら変わりません。一応先行予約期間があり、その間に課金した場合は980円になるわけですが、10日から13日18時までと期間が短すぎる感は否めません。世間の皆様の大抵の給料日が月末である事を考えれば、もう少し猶予期間を伸ばすべきなのでしょうが、過去にも述べたようにゲーム会社はユーザーを舐めているというか、ユーザーとの溝が非常に大きく、業界自体がピラミッド構造であるので、そこまで考えが回らなかったと思われます。

 また、有料化にあたり、電話でのサポートは必須と言えるのですが、未だにその感じも無いのも、リネージュと同じです。それでは、パソコンの操作すら分からないユーザーを、どう救済すると言うのでしょうか?メールでのやり取りは、サポートするほうが楽なだけの怠慢です。ゲームができなくて困る時と言うのは、大抵パソコンが動作すらしない可能性もある訳でして、そんな状態で悠長にメールなんかのサポートは受けれませんし、実際はメールすらできない訳ですから。そう言えば、韓国輸入のMMORPGは、電話でのサポートをしないところが多いのですが、そういう悪癖まで真似しなくても、としょいこは思います。

 後発のゲームである天上碑は、タナカがやったように、低価格だけではなく、12時間プランなどのライトユーザー層を狙った販売戦略という工夫も必要ではないかと思います。持論を繰り返しますが、ネットゲームのコアユーザーである、10代に取っては、1000円(札)と500円(1コイン)の差はかなり大きいです。500円でもアカウントを維持できるような細切れの料金体系を整える事は、これからのネットゲームにおいて重要な事ではないかとしょいこは考えていますがどうでしょうか?

 そういう訳ですが、しょいこは少しは応援していこうと思います。